質屋で服を売るメリット デメリット

質屋で服を得る場合のメリットとデメリットは?

質屋で服を売るメリット,デメリット

 

服を売る場合、いろんな方法がありますが質屋に直接服を持って行き換金してもらう方法があります。
質屋に持っていくとその場で査定してもらえるので、実際に売る前にその金額を知ることができるのがメリットです。
金額に納得がいかなかった場合は一番高く買ってもらえる場所を探すことができます。
またネットで引取り価格を提示している場所では事前に調べることで自分が売りたいと思っている服が
どのくらいの値段で引き取ってもらえるかだいたい把握することも可能です。
直接引取りをすることで自分が納得のいく料金が提示されて初めて服を売ることができるので
他人が値段を決めるオークションなどより安心した引き取りができるでしょう。

 

しかし質屋で服を販売する場合、ノーブランドの洋服は引き取ってもらえない可能性が高いこと、
そして人を挟むからこそ査定額が低くなってしまう可能性もありえます。
大量の服を持っていった場合、万が一引き取ってもらえなかったり査定額に納得がいかなかった場合は
その分自分で持ち帰らなくてはいけないのが面倒です。
個人的には質屋はブランド品を取り扱っているのでブランド品で価値がそれなりにあるものでしたら
質屋に売るメリットはあると思いますが、それ意外の洋服でしたら質屋で売る方法は向いていないと思っています。
すぐに換金してもらえるのは質屋のメリットなので今すぐにお金が欲しいという人はオークションよりこちらのほうが向いているでしょう。

 

>>服を売るなら質屋よりもブランドプレミアム!