断捨離

断捨離という言葉が流行っているけど・・・

断捨離

 

最近、断捨離という言葉が独り歩きしているように思います。
とにかく何でもかんでも捨てればよい。
使わないものは捨ててしまえばハッピーみたいな考え方のようですが、ちょっと違うかなと思います。
とにかく捨ててしまえとばかりに断捨離を実行すると、あとで後悔することになると思います。

 

断捨離に向いている人と向いていない人とは?

 

断捨離

 

断捨離をすると心がすっきりして幸せになれるといわれていますが、
そんな断捨離にも向いている人と向いていない人がいます。
まず、断捨離に向いていない人ですが、思い出を大事にしたり、
コレクター気質の人は断捨離にはむいていません。
断捨離として、使わないものはとにかく捨てるという考え方がありますが
使わないとしても、それを見てときめいたり、気分がよくなるものについては捨てないようにした方がよいです.

 

思い出を大切にしたり、コレクター気質の人にとって、そういうものはとても大事なものなので
断捨離だからといってむやみに捨ててしまうと後で後悔することになると思います。
そういうモノへの執着を断つことこそ断捨離の醍醐味ともいえるのですが
思い出を大切にしたりコレクター気質の人にとって
かけがえのないものなので勢いで処分してしまうのは止めた方がよいです。

 

一方、断捨離に向いている人というのは、そういった執着がなく
自分でやった行為にあとで後悔してしまわないような人です。
そういう人は断捨離をしなくても、もともと部屋もすっきりしていて
断捨離は必要ないかもしれませんが・・・。
いずれにしろ、勢いで何でも捨ててしまうのではなく、
自分が断捨離に向いている人間かどうかをしっかりと考えて実行に移した方がよさそうですね。

 

>>断捨離ならブランドプレミアム!